【妊娠レポ③】つわりっていつ終わるの?16週でほぼマシになった経過をまとめました

アヤノ
つわり中って、これがずっと続くんじゃないかという不安に押しつぶされそうになるよね。ネットには”産むまででした…”なんて経験談もよく書かれているし…
というわけで、こんにちはアヤノです。
今日はつわり中の妊婦さんであれば誰でも気になる『つわりが終わるまでの経過』について、わたしの場合をまとめてみました。
もちろん個人差がありますが、ひとつの例として参考にしてみてください!

つわりはどんどん酷くなるとは限らない

妊娠5週0日ぴったりからつわりが始まったわたしは、最初からかなりやばい状態でした。

一般的につわりは徐々にピークを迎え、徐々に終わっていくケースが多いという情報をみて

アヤノ
こ、これより酷くなっていくだと…?
と恐れおののいたあの気持ちは一生忘れないと思います。
少ないながらも、最初がピークでだんだん治まっていったという同じ書き込みを見たりして、自分を元気づけていました。
結果としてわたしのつわりは“波がある”タイプであったといえます。
さらにわたしは子どもの頃によく吐いていて、軽く嘔吐恐怖症というか、なんだか吐けない体質になってしまったのでつわり中に吐いたのは1度だけでした。(「ああ、たぶんこのタイミングで吐くんだろうなあ…」とえづくことはよくありましたが…)
以下、週ごとに症状、食べられたものなどをまとめていきます!

グラフにしてみると

先にしんどさをパーセンテージで表してみました。厳密に言うと、週の中でも波があるのですが平均するとこんな感じです。

見てもらうと分かるように、酷くなって→良くなって→酷くなって→良くなって…と繰り返して治まっていく感じでした。

5週 80%
6週 85%
7週 35%
8週 90%
9週 90%
10週 70%
11週 60%
12週 100%
13週 95%
14週 70%
15週 30%
16週 15%
(16週 15%)

【5週】つわりスタート。においつわりが猛威をふるう

それまで平気だった家中の臭いが無理になる。

寝室で寝るか、リビングの窓のすぐ横で酸欠の金魚みたいに口をパクパクさせながら食事をするか、の繰り返し。

食べられたもの
・サンドイッチ(具はたまごかレタスハムのみ)
・薄皮クリームパン
・セブンのコロッケパン
・さっぱりしたドレッシングのサラダ(きゅうり・オニオン×)
・カルピス
・ポカリスエット
基本的に菓子パンを食べて過ごしました。8月だったので冷たいそうめんやうどんにも挑戦し、食べられはしましたが出汁の味で気持ち悪くもなっていました。
マクドナルドのポテトやバーガーを食べて過ごした、という書き込みもよく見たので2回ほど買ってきてもらいました。美味しく食べられはしましたが、食べた後が気持ち悪くなってそれ以降はなし。
夜は寝付くまでは気持ち悪くて苦労するのですが、寝てしまえば朝まで起きることはありませんでした。枕元にはいつも飲み物と薄皮クリームパン。
もともと不眠症なのですが、眠気がひどく昼寝しても夜寝れる。
臭いから逃れるために、夜な夜な近くの公園まで避難。夫が過去一優しく、献身的でした。

【6週】においつわりさらに悪化。情緒がやばい

唯一大丈夫だった寝室の臭いにも苦しむように。壁の臭いが布団に染みつき、寝ていてもしんどすぎて何にも考えていない時に涙が流れる…。

体調が悪すぎてシャワーを断念して寝た日、自分の頭の臭いで目が覚め寝つけなくなり深夜3時に泣きながらシャワーを浴びる。一応寝てしまえば朝まで寝れました。

朝目覚めてすぐの時は一時的に体調が良かった。ベッドから起きて、何か飲んだりすると一気に気持ち悪さがきてダウン。

アヤノ
赤さん、起きたんかな…
などと思っていました。
食べられたもの
・フルーツゼリー
・100%パインジュース
・100%アップルジュース
・菓子パン
・じゃがりこ
吐きつわり・食べつわりが併発して臭いによる吐き気&内から出てくる吐き気で、メンタルもギリギリに。
じゃがりこはこの後、食べつわりが終わるまでずっと重宝していました。
高価な脱臭機、チョコラBB、オロナミンC、エビオス錠、などいいと言われるものを試してみるもほとんど効果はなし。
寝たきりだったので、ライターのお仕事も次の依頼が来る前にしばらくお休みをくださいと連絡。

【7週】神頼みと奇跡の一日

6週につわり対策にことごとく失敗して、最後のほうは神頼みでよく行く神社に夫が行きお願いをしてきてくれました。安産のお守りも買ってきてくれ、それをベッドの脇に飾り毎晩寝る前にお祈り。

そのせいか、たまたまか、1日だけまるで「つわりが治った⁉」と勘違いしてしまうほど調子がいい日が!

結局その日だけでしたが、7週目はわりかし体調がマシな日が多い印象でした。もしかしてこのまま治まっていくのかも!と希望を持ち少し元気に。

食べられたもの
・豚汁
・チンジャオロース
・煮込みうどん
・梨
・りんご
・パイナップル
まだお米は食べられませんでしたが、ちゃんとした食事をとると次の日の体調がいいことに気が付いてできるだけインスタントじゃないものを食べるようにしました。
豚汁は生姜を入れたのと、味噌の優しい味と温かいのがよかったのか、気分がマシになるので作ったり、インスタントのものもよく買っておいてもらいました。
一度盛大にお腹を壊し、冷や汗(ぼたぼた落ちるレベル)と生あくびと身体の震えが止まらくなり、救急車を呼ばないといけないのではないかと思うようなことがありました。

アヤノ
陣痛ってこれより痛い?
なんて絶望したことを覚えています。

【8週・9週】食べつわりピーク、夫に突っかかる

とにかく空腹が気持ち悪くて、2~3時間に一回は食事をしていました。

よく食べていたもの
・冷凍ピラフ
・冷凍たこ焼き
・冷凍グラタン
・生姜をたくさん入れた鍋
食費が圧迫されていたので、冷凍系のものにシフトしていきました。夜は夫が帰ってきてから週3~4で鍋を作ってもらい食べていました。
それまでは完璧に生ごみの処理やごみ捨てをしてくれていた夫が、だんだん疲れてきてしまったのかやらずに寝てしまう日がちらほら。お願いしてもダルそうな顔をします。(仕事後に買い物に行って、ご飯を作って、休みの日はたまった洗濯ものや掃除で…と、全然責められない状況なのですけど)

アヤノ
しんどいのも、やりたくないのも分かるし、すごい感謝してるけどそれを出さないで。申し訳なく思ってこっちもしんどくなるの

ユキタロー
ごめんね、本当ごめんね

アヤノ
わたしの具合悪さに慣れないで欲しい。すっごくしんどいんだから

ユキタロー
ごめんね…
余裕0です(笑)世の中には何もしてくれない旦那さんもいるらしいのに、こんなに頑張っている夫に突っかかるんですからね…。
体感的にはこれがつわりのピークだと思っていました。

【10週・11週】食べつわり継続も、体調は少しマシに

においつわりに慣れたのか、少し軽減してきたのか、体調のいい日はないものの趣味のゲームをできる日も。

なにしてても具合が悪いので、開きなおって好きなことやっちゃえ!という気持ちも芽生えだしました。

食べ物も白ご飯やよっぽどにおいの強いものじゃななければある程度食べられるように。

スーパーもコンビニはまだまだ行けそうにありませんでしたが、近所のパン屋さんなら大丈夫なことが判明。気分転換にたまに出かけました。

よく食べていたもの
・パン屋さんのパン
・鍋
・サラダうどん
・ケロッグ
サラダうどんはこの時期一生分食べたのではないかというくらい作って食べました。昼は毎日これでした。あとケロッグで栄養価を少しでも取れるようにしようと食べ始めました。
夜はおにぎりを買ってきてもらうか作るかして、枕元に置いて寝る直前に食べたりしました。

【12週・13週】本当のピーク到来。ガチめの鬱状態に

もうこのまま治っていくものだと思い込んでいたところに、さらに体調が悪化。

吐きつわり・食べつわり・においつわり、どれで気持ち悪いのかが分からず、常に喉元になにか突っかかっているような不快感が続きます。

ウシガエルのような地獄の閻魔さまのようなゲップが出るのに吐けないし、シンクでおえおえと胃液を吐いていました。

一回良くなる兆しが見えた後だったので余計に打ちのめされ、外出はおろか、洗顔もろくにできないような毎日が本気で嫌になって鬱状態に。

この時期は小さなことで悲観的になって、どんな風に毎日を過ごしていたのかあまり覚えていません。

腰がものすごく痛かったので、夫によくマッサージをしてもらっていました。夜中も気持ち悪さでなんども起きたり、悪夢を見たり、散々でしたね…。

【14週】体調は戻ってくるも、また裏切られたくないのでキリキリしている

おそらく今度こそピークは越えたのだろうとは思いましたが、またそうやって油断させてさらにすごいのが来るんでしょ…。と完全に心が荒みきっていました。

アヤノ
もうわたしは希望のある言葉なんて口にしないよ…

ユキタロー
……
吐きつわりはだいぶ治まりましたが、食べつわりとにおいつわりは続行。加えて、体重増加も気になるようになってきました。
とは言え、家事をしたり身体を動かしたりはまだできそうもなかったので食事内容に気を付けることに。お菓子はやめて、野菜をたくさん食べるようにしました。
よく食べていたもの
・野菜たっぷりスープ
・とにかくカロリーの低そうなもの
新しい洋服が欲しいなあ、化粧品が欲しいなあ、できないなあ…、いったい何のために生きてるんだろう。そもそもわたしがちゃんと親になれるんだろうか。みたいなうつ状態も継続。

【15週】転機の15週後半。外出・外食に嬉しくて震える

15週の前半は14週と変わらなかったのですが、後半のある日あまりにも鬱々としているわたしを見かねて旦那が

ユキタロー
外に出てみよう!
と提案してくれました。
例の唯一いけるパン屋さんは半分がカフェのようになっているので、そこで外食してみようとなったのです。そしたら問題なくこなせたのです!
もう嬉しくて嬉しくて、行けるところまで行きたい!という気持ちになり、まずは近くの100均に行ってみたのです。

アヤノ
におい大丈夫だ!買い物できた!
つわりが始まって初めての外食と買い物が出来たことですっかり自信をつけて、結果的に少し洋服を買ったり、ラーメンを食べたりして帰りました。

アヤノ
やれる…、わたしはやれるぞ!
家でのにおいつわりは相変わらずだったのですが、外の世界は案外平気でした。成功体験をして、気が大きくなったのか、家でのにおいにも前ほど神経質にならなくなりここからどんどん症状が改善していきます。
白ご飯を食べられるようにもなって、ご飯がものすごく楽しみにもなりました。

【16週】家事が出来る。スーパー・コンビニに行ける。お仕事開始

つわり中はなぜかお弁当を作る動画を見ていると気持ちが落ち着いたので、やたらと料理に関する知識だけ増えていました。なので、キッチンに立てるようになってとても嬉しかったです。

スーパーやコンビニも長居はちょっとキツいですが、欲しいものをささっとカゴに入れて買い物を済ませることは出来るようになりました。

洗濯も掃除もできるようになったので、無理をしないようにこれまで気にかかっていた部分を片付けていきました。家が片付くと気分もあがり、さらに具合も良くなったような気がします。パソコンも触れるようになったので、お仕事も開始です。

さらに夜ごはんのあとの夜食もなしで大丈夫になって、体重管理的にも安心。

これを書いている17週後半の今でも、軽めのにおいつわりと食べつわりは残っていますが、普通に生活できるし終わったと言って差し支えないかと思います。

産むまで終わらなかった、という書き込みをよく見かけるワケ

つわりって終わりが見えないので、何度も何度も調べて経験者の声を目にしますよね。

そしたら気づくと思うんです。かなりの数の“産むまで続いた”  “分娩台の上でも吐いていた”という声の多さに。

アヤノ
なんでこんなに産むまで続いた人がいるの?もしかしてわたしもそうなっちゃうの…?
と妊婦、特に初めてのつわりを体験をしている人間を震えあがらせるには十分なだけの経験談の数々。
でも、そんなに過剰に不安がらなくてもいいはずです。なぜなら
・つわりが早く終わった人より、つわりがずっと続いた人の方がつわりへの関心度は高い。人間、苦労話はなんどでもしたくなるし、そうじゃない人より書き込む比率は高くなると思う。
違う掲示板に同じ人が書き込みをしている可能性は高い。そもそも、見ただけじゃなく書き込みをする人って全体で見るとかなり少ないんです。
最近だけの情報じゃない。下手したら10年以上も前の情報だって検索にでてくるわけで、10年以上の書き込み数を足せばそりゃすごい数になる。
こういった理由があると思うので、そんなに心配にならなくてもいいんじゃないかなと。
平たく言ってしまえば、つわりがさほどしんどくなかった人が、つわりが過ぎたあとにわざわざ掲示板に書き込みにくるか?(しかも産んだあととか)ということです。
喉元過ぎればなんとやらで、積極的に書き込みすることはないんじゃないでしょうか。
全体としては安定期に入って胎盤が完成する頃には治まってくるケースが多いと言われていますし、あまり不安にならずにとにかくやり過ごすことだけ考えた方が気持ち的にも楽です。
つわりって結構気分に左右される部分も大きいと身を持って感じたので、お気楽にいれたら一番だと思います!

アヤノ
なかなかそうはいかないから苦しいんだけどな…!
次は、なかなか母性らしい母性がわかなくて「このままで大丈夫か…?」と思っていたわたしでも、無事に母性と出会えた出来事について書いていきます!

28週目現在 追記

あれから、20週~22週あたりでつわりはさらに落ち着きました!鼻栓もいらなくなったし、めちゃくちゃ空腹な時と、寝不足の時を除けば、通常時より鼻が利いてる、レベルにまで収まりました。
後期に入りましたが、後期つわりも今のところ感じていません。食欲は増している気がします(笑)
それでは、また!
おすすめの記事