当時のアヤノ
不満は小さいうちに解消していくに限る

当時のユキタロー
とはいえ、言ったら言ったで彼女の機嫌を損ねることがあるんだよな。面倒だから黙っておこうって思っちゃったりもするよな

当時のアヤノ
そんなことないって!ユキタローもその都度不満は伝えて!

当時のユキタロー
とは言ってもな…
というわけで、こんにちはアヤノです!
同棲生活でも結婚生活でも誰かと一緒に暮らすと『不満』というものは必ず出てきますよね。
巷には彼女向けの”彼氏への不満を解消する方法”はたくさん溢れているので、わたしは今回
『彼氏が彼女に不満を上手に伝える方法』『あまり不満を言わない彼氏を持つ彼女の心得』
について、彼女目線で書いていこうと思います!

不満を感じた時の女性の頭の中

アヤノ
女性は男性に比べると感情的な人が多い。だから、不満を感じると過剰なほどに反応してしまうことがあるよね
わたしなんかはまさにこのタイプです。些細なことが気になって、もやもやモードに入ってしまうことが多々あります。
男性からしてみたら、なんでその程度のことにそんなカッカするんだよ。意味わかんねえ。ってこともあると思うんです。

ユキタロー
あるある…
例えば靴下を脱ぎっぱなしにしてることを毎日注意しているのに、直してくれない場合を例にあげてみましょう。

とある同棲カップルの彼女
ねえ、靴下脱いだら洗濯機に入れてって言ってるよね

とある同棲カップルの彼
ああ、ごめんごめん

とある同棲カップルの彼女
毎日言ってるのに全然直してくれない…。わたしの言うことなんてどうでもいいと思ってるのね。この靴下のことだけじゃなくて、こんな傾向が他のところでも出てくるかもしれないわ

とある同棲カップルの彼女
この先もずっと一緒にいたいって思ってる。だから、そんな考えをしているんだったら今のうちに話し合って解決しておかなくちゃいけないわ…

とある同棲カップルの彼女
ねえ、わたしのこと大切に思ってないんでしょ

とある同棲カップルの彼
ええ、なんでそうなるんだよ

とある同棲カップルの彼女
あなたの行動を見ていたら分かるのよ

とある同棲カップルの彼
靴下片付けなかっただけでなんでそうなるんだろ…。理解できない
まあ、この事例はちょっと単純すぎますが、割とこういうことってあると思います。
女性からしてみると一瞬で思考が大きなところまで行ってしまうのですが、男性からしてみると

とある同棲カップルの彼
なんかめちゃくちゃ話が飛んだ…
と感じてしまいますよね。(人の頭の中なんて見えないので当然です)
こういうことが重なると男性としては、女性に不満を言うのはやめておこうと思うんじゃないでしょうか。

とある同棲カップルの彼
変な受け取りかたされたら、面倒なことになるしなあ
と思いますよね~…。
あと女性は自分を批判されることに敏感だと思います。
指摘=大切に思っていない・嫌いになった
ではないのですが、(むしろ逆だと思うのですが)、思ってしまうものは思ってしまうのです。

とある同棲カップルの彼女
前は笑って許してくれたのに、怒るのね。わたしへの愛がなくなったのね
自分で書いていてめんどくさくなってきました(笑)

上手な不満の伝え方とは”突き放さない”言い方

とある同棲カップルの彼
何事も言い方次第だよ
前項でもあげた通り、女性というのは批判・指摘に対して敏感な人が多いです。自分のことを突き放した、と感じるからです。
つまり、同じことを言うのでも突き放されたと感じない言い方をすれば感情的にはならないのです。

とある同棲カップルの彼
アドバイス風にすればいいんでしょ。そんな記事を読んだことがあるよ
それは半分正解で、半分間違いです。
「○○したらもっといいと思うな~」「××した方がいいんじゃない?」
というようなアドバイス風の言い方で丸く収まる場面は確かに多くありますが、だからってアドバイス風にすれば全てに対応できるってものではないのです。
そのうち

とある同棲カップルの彼女
そういう風に言えば、わたしがなんでも言うこと聞くと思ってる?
なんて、言われてしまうかもしれませんよ。(怖いですね)
「●●はやめて、○○にするべき」「××しなきゃ駄目だよ」
とばしっと言い切られても
「気持ちは分かるけどさ」
「君は悪くないけどさ」
「その他は完璧なんだから」
というような、君のことを考えていますよ、な一言を付け加えてくれるだけで(そんなんで?と思うかと思いますが)

とある同棲カップルの彼女
うーん、それもそっかあ~
と簡単に受け入れて貰える可能性が高まるはずです。経験者は語ります。
ぜひ、アドバイス風とうまく併用・使い分けてしてみてください。
もちろん、心が伴っていないとすぐ勘付かれますが、言いにくいことを伝えるときには思い出してもらえると役に立つのではないかと思います。

アヤノ
ユキタロ―がいつからかそういう言い方をしてくれているのに気づいた時には、はっとして改めようと思いました…
それに、角が立たない言い方をしてくれるんだなあ、と感じ取れるだけで例え少し見当違いだったとしても嬉しいものなんです。

彼女側の心得

アヤノ
事実と想像をごっちゃにして考えるのをやめよう
女性にしてみたら、大切なのは事実よりその”想像の部分の不安”なんですよね。
でも残念ながら、おそらく男性には分かってもらえません。
ですから、どうしても分かって欲しかったら感情に任せて

当時のアヤノ
もういい!話したって意味ないわ!
と機嫌を損ねるのではなく、ちまちまとこう思ってこう思ってそしてこう思った。という思考回路をできるだけ簡潔に伝えましょう。
そしたら男性側だって、それはそれ、これはこれ、で聞いてくれるんじゃないでしょうか。(靴下は靴下、将来の関係に不安を覚えたことは別の話、ってことです)
靴下を片付けない=わたしのこと大事じゃない
という思考回路は冷静に見たらおかしくて笑っちゃいますよね。
でも、案外こういう自分理論で感情爆発しちゃったりしてるものなんです。
なので、彼氏に不満を言う時も言われる時も、その事実に対してだけ言われているんだという考えを持てると、心が穏やかでいられると思います。

アヤノ
そういう思いやりやすり合わせが、常に一緒に暮らしている同棲生活では特に大切だね

ユキタロー
お互いの考え方を想像できるようになってくると、自然と発する言葉も選ばれるよね
不満を言わない彼氏は不満がないのではなく、面倒なので言わないだけかもしれません。
それを今から聞き出すようなことはしなくていいので(しない方がいいので)、これからの接し方を少し変えて見るのがいいと思います。
うちの彼氏優しいから~、と彼女ばかり言いたいことをズバズバ言っていたら取り返しのつかないことになってしまいますからね…。

まとめ

いかがだったでしょうか。
全てのカップルに当てはまることはないと思いますが、参考に出来る部分だけでも参考にしてもらえると嬉しいです。

アヤノ
以上です!改めてわたしも気を付けていきます…

ユキタロー
本当に譲れないことは、お互い正面衝突するのも覚悟で話し合うべきだぞ!
おすすめの記事