【結婚の悩み】毒親と縁切りしたいことを義両親に分かって貰えた話

アヤノ
大人になったら親なんて関係ない、なんて嘘だからな
少しは『毒親』という存在が浸透してきたかなと思う昨今ですが、相変わらず毒親育ちの皆さんは苦しんでいると思います。
今日は同じような境遇の方に向けて、わたしの考えとタイトルの通り『毒親と縁切りしたいことを義両親に分かって貰えた話』をしていこうと思います。
まとまらない文章になってしまうと思いますが、ご了承くださいな。

もう、邪魔だけはしないでくれ。

大人になったら親のせいにするな、とはよく聞きますよね。

アヤノ
なんて無慈悲な!
多くの場合毒親に育てられた子どもは、大人になっても生きづらさを感じています。
仕事が上手く行かないとか、恋愛が上手くいかないとか、お金がないとか、人生そのものを楽しめないとか。
大人になったら自己責任、という人ほど無意識のうちに親の恩恵を受けているよなあとわたしは思うのです。
例えば、進学はどうですか?
充分な学力があっても、大学に行かせて貰えない。もしかしたら、高校にも行かせてもらえない。
そうするとどうしても、就ける職業は限られてきます。
給料も安く環境も悪い職場に就かなければいけない確率は、やっぱり上がるんじゃないかなと思います。
さらに、なんとか実家から逃げてきた毒親育ちの人達は、家に戻ることだけは避けたいと考えている人がたくさんいます。
だから、仕事を辞めたくなっても辞められない。給料が低いから転職も命がけです。
でも、一般的な家庭だったらそういう時に実家に帰って、少し療養したりしてしっかり転職先を探す事ができますよね。(極端な例かとも思いますが)
この安心して帰る家があるとないじゃ、生きやすさって全然違います
平たく言うと、毒親持ちは人生失敗できないというプレッシャーを人一倍抱えているんです。
もし失敗したら全部自分でなんとかしないといけないので。
一般的な家庭の子が、成人祝いだ、就職祝いだ、結婚祝いだ、と当たり前に受け取っているものも貰えるなんて期待もしません。
自分の力だけで、頑張ります。そしてなんとか形にしていきます。
そしてそのうち思うようになります。
「もう邪魔さえしないでいてくれたらいい」という風に。

どこまでいっても毒だったうちの親

毒親育ちの子どもは愛情というものが不足している状態で育っているので、自己肯定感が異様に低く恋愛が上手く行かないことが多いです。

わたしも例に漏れず、自分に見返りなしに優しくしてくれる人なんているわけがない、もう捨てられたくない、という思いが強すぎて若いころから苦しい恋愛ばかりしてきていました。

そんなわたしでも、一緒にその苦しさを乗り越えてくれた人にようやく出会えました。

結婚の話が決まり、ふたりで彼の実家に挨拶に行くと、とても快く迎えてくれて歓迎してもらいました。

一方、わたしの親は「おめでとう」の一言すらなしです。

それどころか、ああしろ、こうしろ、と上から目線で威圧的に指図ばかり。

筋を通せ、とか。普通は親に感謝した態度を取るだろう(分かりやすい言葉にするとこうです。もっとむかつく言い方でしたが)、とか。

わたしの親を呼びたくなかったので結婚式はふたりだけで、海外で挙げると決めました。彼のご両親には申し訳なかったですが…。

その話をすると

お義母さん
アヤノさんが後悔しないか心配だけどいいの?
と、絶対彼の結婚式を見たかっただろうにすんなりと認めてくれました。

お義父さん
息子をよろしくお願いします(深々おじぎ)
もう、わたしは嬉しいのと恐縮なのと、こんな優しい家庭あるのかよとうカルチャーショックで混乱していました(笑)
わたしの両親はわたしが小さい頃に離婚していて、父親に育てられ、母親は地元とはかなり離れたところにいたのです。なのに義両親はわざわざ挨拶に、母のところまで飛行機で来てくれました。
さらには結婚資金と今後の生活の為にとお祝いまで下さって、冗談抜きで神様なんじゃないかなと思いました。
一方、わたしの父親は外面だけ良くしようとするので顔合わせの時に義両親にだけ「娘をよろしくお願いします」なんていい父親の皮を被っていましたが、彼に対しては一度もそんな台詞を口にしませんでした。
いわゆる虐待親なのに、こういう時だけいい親ぶって、義両親もうちの親のことをいいお父さんと認識して親族付き合いをしていくのかあ、と思うと吐きそうでした。

怒りがメラメラ

一生に一度のおめでたいことで、お祝いの言葉もなし、いちいち気分の悪くなるようなことばかり言ってくる。そのくせ、彼の家族の前ではいい父親のふりをしている。

もっと言うと、父親と同じくらいにわたしの祖母も毒祖母だったんです。いるだけで周りの雰囲気を悪くする人なので、この祖母を結婚式を海外でする代わりに国内でやる食事会に呼ばないといけないのが何より嫌でした。

どこまでいってもわたしは我慢して、父や祖母が義家族に失礼なことをしないか怯えながら生きて行かないといけないの?

せかっく巡り合えた彼と、優しい義家族と楽しく過ごしたいだけなのに。こんな理不尽なことある?許されていいの?と1日中怒りに支配されるようになりました。

上手く心を整理するためにアダルトチルドレンの回復の方法を色々と試しましたが、効果はほとんどなし。

その中で、ひとつだけわたしに変化をもたらしてくれる方法がありました。(後述します)

わたしは徐々に、縁を切るしかわたしの心が落ち着く方法はない、と考えるようになりました。

でも、義両親がどう思うか、というのが心配でした。

縁を切りたいと義両親に伝えてもらった

彼に電話で伝えて貰ったのですが、結果はとってもあっさり「そうしよう」だったそうです。

いい歳した娘の反抗期、と誤解されては困ると思っていたので虐待エピソードの中でもどぎついやつを例として伝えてくれ、と彼にお願いしていたのですが軽めのエピソードをひとつふたつ話しただけだったらしいです。

そのエピソードだけでも縁を切りたいことを納得してくれるようなことをされていたんだ、と思いましたが心の底からほっとしました。

大人になったらある程度どんな親でも感謝の気持ちを持つのが、普通。

それをできないなんてこの娘は恩知らずな、普通じゃないやつ。

そんなやつを自分たちの大切な息子と一緒にさせて良かったのか。

そんな風に思われるのではないか。

うちの異常性を知ってでも、形式だから親戚付き合いは続ける、と言われるのではないか。

本当に心配でいっぱいでした。

毒親に育てられると普通の基準がおかしくなってしまいます。さらに、一般の普通の基準も分かっているようで分かっていないということに気づかされました。

縁の切り方の作戦

彼に「縁を切りたいと伝えて貰えないか」と話す前に、エンプティチェアというアダルトチルドレンの回復の真似事をしました。

簡単に言うと、椅子や座布団をふたつ用意して自分と親になりきった自分で交互に対話をするというものです。

結構長い動画ですし実行するのも時間がかかるものなので、ブックマークしておいて時間を確保して視聴することをおすすめします!

思いを口に出すことが大切らしいのですが、わたしは文章の方が自分の気持ちを出せるので同じ要領で文字として書き起こしました。

書き起こして、あとから何度も読み返しました。

そして分かったことは、家の親ってなにひとつまともなことは言っていなくて自信がないのを威圧的な態度で誤魔化しているだけなんだということ。

前から頭では分かっていましたが、子どもの頃殴られたり怒鳴られたりした経験から父親は恐怖、恐れの対象だったのです。

でも、冷静になって見つめ返してみるとなんだか滑稽な人だなあという印象に変わっていきました。

怒りは消えませんでしたが、こんな人に対していつまでも心を使うのももったいない(よく本なんかには書かれていますが、実感として)、だって情けない人じゃないか。と強く思いました。

結果としてわたしは文章として残して良かったなと思います。

この動画では実際の親と対決する必要はない。自分の心の中で決着がつけば、と説明されています。

でも、わたしは自分の心で納得してるだけじゃいかんでしょ。自分のしたことの報いを受けて貰わないと。と感じました。

そしてもう我慢は嫌だと思いました。

だから、彼の家族も公認で縁を切りたいと思ったのです。

わざわざ「あなた方とは絶縁させて頂きます」なんて伝える気もありません。

無視です。話しても心無い暴言で気分を悪くさせられるだけなので、今後一切の関わりを絶つことにしました。

もともと、わたしは父親と祖母には昔の携帯の番号しか教えていません。新しい携帯を買った時に、そのまま2台持ちして家族用として残しておきました。

なので頃合いをみて、その携帯を解約すればおしまいです。

きょうだいなどにどういうことだと確認がいって連絡がくるかもしれませんが、それにもそのうち連絡すると答えて放置する予定です。

もし誰かがわたしの新しい携帯の番号を教えたなら、即座に着信拒否で対応します。

あばよ、毒親。

結婚にともなって苗字も戸籍も変わりました。

今後の付き合いもしないと、義両親にも分かって貰えました。

介護は拒否ですし、葬式にも出る予定はありません。

きょうだいはどうするかわかりませんが、もしかするとわたしの真似をするかもしれません。

とっくに親戚にも見放されて、付き合いも希薄です。そうしたら、父親達はとっても寂しい老後でしょう。

でも知ったことではありません。

わたしは子どもを尊重した子育てをします。どんな時でも子どもの味方の母親になります。絶対、見捨てません。温かい家庭を作って、今度こそ本当の家族を手に入れます。

そういうわけです。

アヤノ
あばよ、毒親。勝手にやってな
以前の記事▼
おすすめの記事